Project Story

地域唯一のコンビニを残せ!

2018年11月

サークルK・サンクス664店舗閉店へ・・・

2017年10月11日にユニーファミリマートホールディングスがサークルK・サンクスの店舗を閉店すると発表しました。

特にコンビニ事業に関心があったわけではありませんでしたが、地元のコンビニがサークルKのままだったので、興味本位でファミリーマートのHPを覗いたのがきっかけです。

ファミリーマートのHPにはオーナー募集の文言があり、弊社もいろいろなフランチャイズに加盟しているため、これまた興味本位で関連ページを覗いてみました。

そこには、すぐ近くのサークルK、御嵩井尻店、八百津南店、八百津牧野店がオーナー不在店として、オーナーを募集していました。

私は、不思議に思ったことは解決せずにはいられない性格で、特にコンビニのオーナーになるつもりもないのに、気付いたときには問い合わせをしていました。
そのとき興味本位で地元のコンビニが残るかどうかではなく、残さなければいけないという感情が沸き上がってきました。

とはいえ、さすがに企業経営者として郷土愛だけで不採算店を引き受けるわけにはいきません。以前、店舗としては利益が出ているもののオーナーが高齢化しているため契約を更新しない店舗があると聞いていたので、そういう店舗とセットなら引き受けるかも・・・という軽い返答をしました。

御嵩井尻店が閉店へ

最初の問い合わせから何日か経ち、日々の事業の取り組みで、興味も薄れてきたある日、エリア担当の方から「御嵩井尻店が閉店します」という連絡が入りました。

その時点では、八百津南店、八百津牧野店ともにすぐに閉店ではないものの、おおよそ8月末までに新規オーナーが誕生しなければ閉店の可能性が高いとの回答がありました。

また、黒字店とのセットは、コンビニ運営未経験者では難しいとのことで、採算が取れている八百津牧野店を打診されました。

しかし、私にとっての優先順位は生まれ故郷でもある伊岐津志地区にある八百津南店の存続。僅かな躊躇はありましたが、八百津南店を引き受けたい旨を申し出ました。

もっとも、大企業でもあるファミリーマートが始めから不採算店と分かっている店舗を渡せないということで、本部側で保留となりました。